サンルームの設置における3つの注意点とその対処法について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンルームを設置するときには、いくつかの注意点を考慮しておく必要があります。

そうしないと将来思わぬトラブルに発展してしまう可能性があります。

そこでサンルームを作るときに考えておくべき注意点とその対処法のいくつかについて解説していきます。

 

 

 

サンルーム設置における3つの注意点

 

サンルームを設置する際には考慮すべき注意点がいくつかあります。

 

・1.メンテナンスの方法を考える

サンルームを設置する際には、どのようにメンテナンスするかについてもよく考えなければなりません。

とくにサンルームの屋根部分が大きいと、掃除や雪下ろしをするのが難しくなります。

屋根に乗って作業するのは危険なので、掃除やメンテナンスをどのように行うかについても業者に相談しましょう。

 

・2.家の保証が受けられなくなる可能性を考える

サンルームを設置するのにとても重要なポイントですが、あとからサンルームを設置する場合、

ハウスメーカーから家の保証が受けられなくなる恐れがあります。

後付けのサンルームの場合、

家の外壁に穴を開けたり土台を付け加えたりして本来の性能を維持できる保証がなくなってしまうからです。

新築でサンルームを設置する場合でも増築する場合でも、

一度ハウスメーカーや工務店に相談するのがベストです。

 

・3.固定資産税を考慮する

サンルームを設置すると床面積が増え、建物変更登記が必要となります。

固定資産税が数万円増えることが予想されるので、そのコストもしっかり考慮しておきましょう。

 

 

 

サンルームを使用するうえでの2つの注意点

 

サンルームの設置だけでなく、使用に際してもいくつかの注意点があります。

 

・1.温度の変化に注意

サンルームでは観葉植物を育てることも可能ですが、温度の変化に十分注意しましょう。

サンルームは壁のように断熱材が入っていないので、夏は非常に暑く、冬は寒くなる傾向があります。

洗濯物を干す場合にも、湿気がこもることが多いので、除湿機やサーキュレーターを使って空気を入れ替えましょう。

 

・2.紫外線対策を忘れない

サンルームで意外と忘れがちなのが紫外線対策です。ポリカーボネートやガラスの屋根は紫外線を通します。

そのため知らないうちに日焼けしてしまうかもしれません。サンルームで長時間過ごす場合には紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。

 

 

 

サンルームは上手く活用すれば超便利!

 

気候のよい季節であれば、サンルームの使い方はいろいろあります。

うまく活用できれば、とても便利です。もちろん洗濯物を干す、

観葉植物を育てるという使い方もできますが、お子さんを遊ばせておくスペースにしたり、

小さなテーブルと椅子を置いてお茶を飲みながら読書するスペースにしたりすることもできます。

 

アイデア次第でいろいろな使い方ができるのがサンルームのよい点です。

 

 

 

事前によく考えて理想のサンルームを手に入れよう

 

サンルームは、設置・使用についてもいろいろなポイントを考慮しなければなりません。

なかには、保証や税金など専門的な問題もあるので、

ハウスメーカーや工務店などと相談することが必要となるでしょう。

事前によく考え、準備してからサンルームを設置しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*