サンルームの設置・増築価格の目安をタイプ別に詳しく紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご自宅にサンルームの設置を検討中であれば、設置費用を知りたいと思うことでしょう。

サンルームにはいくつかの種類があるので、種類別の設置・増築価格を知っておく必要があります。

そこで、これからサンルームを作りたい方のために、サンルームの設置費用について解説していきます。

 

【3つのタイプ別】サンルームの価格目安

 

サンルームの設置や増築にかかる費用の目安について見ていきましょう。

 

・1.ノーマルタイプは約40〜100万円

まずはガラス張りで出来ているノーマルタイプについて考えます。

しっかりした作りでリビングのように使える一方で、

基礎から作っていく必要があるため、施行日数と費用がかかります。

設置や増築する場合の費用は、約40〜100万円近く見積もっておくとよいでしょう。

 

・2.テラス囲いは約30〜50万円

ガラス張りでできているノーマルタイプに対し、

ポリカーボネートのテラス屋根に囲いをしたタイプがテラス囲いです。

テラス囲いは、テラス屋根にサッシをはめ込んで作るので、

施工費用を抑えられますし、施工期間も短くてすみます。

ただし夏の時期は気温が上がりすぎるので、家族団らんの場所には不向きかもしれません。

設置費用はノーマルタイプよりも安く、約30〜50万円ほどで設置可能です。

 

 

・3.ガーデンルームは総額200万円を超えるものも

ガーデンルームはノーマルタイプやテラス囲いよりも

さらに作りがしっかりしているタイプのサンルームです。

サッシを折戸にしたり、柱のデザインにこだわったりして、

主に家族の憩いの場にする事を目的に作られています。

そのため、費用は高額になりやすく、総額で200万円を超える場合があります。

 

 

サンルームの設置価格を抑えるポイント

 

サンルームの設置価格を抑えるポイントは主に2つです。

 

・1.設置するタイプを慎重に選ぶ

やはりもっとも重要なポイントは、どのタイプのサンルームを設置するかでしょう。

もし洗濯物を干すだけのスペースとしてサンルームを設置したいのであれば、

ノーマルタイプのサンルームで十分かもしれません。

 

陽の入る場所で贅沢なリラックススペースを作りたい、

犬と一緒にゆっくりできる場所がほしいといった場合なら、

こだわりを反映できるガーデンルームが最適でしょう。

 

 

・2.サンルームの設置に必要な面積を考える

サンルームの費用は、面積に大きく影響されます。

あまり広いサンルームを作ると、設置する費用も比例して大きくなっていきます。

そのためどのくらいの面積が必要なのかをしっかり検討して費用を節約しましょう。

 

せっかくサンルームを設置しても「もう少し広いスペースがほしかった」

「目的よりも大きくなってしまった」なんてことがないように事前にしっかりと考えておきましょう。

 

 

低価格で設置できるサンルームを2つ紹介

 

では低価格で設置できるサンルームを2つご紹介しましょう。

 

・1.YKKAP ソラリア テラス囲い 床納まりF型積雪20cm

デザインはシンプルに、機能と価格のバランスを取った高品質なテラス囲いのサンルームです。

リビングから庭先へ広々とした空間を作り出します。

最低価格は税込27万8,579円で、非常にリーズナブルで10年保証がついています。

 

 

・2.LIXIL サニージュ 床納まりR型積雪20cm

こちらもテラス囲い型ですが、屋根の形がアール型でより柔らかな雰囲気を演出します。

カラーリングも6色あり、お家のデザインに合わせたサンルームが設置できます。

価格は税込37万4,534円からとなっていて、こちらも10年保証がついています。

 

 

理想のサンルームの設置には事前の下調べが大切

 

理想のサンルームを設置するには、事前にしっかりと材料や面積、

サンルームのタイプを調べ、検討することが大切です。

そうすることで、予算内で理想的なサンルームを見つけることができるでしょう。

サンルームのある、より豊かな生活を手に入れるためにご家族で検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*